山頂
子持山頂
獅子岩
小野子山歩き H.23 12-18(日)

NHK中継所   9:27

 雑木で作ってあった階段は、偽木階段に作り変えてあり登り易くなっていました。
上部は、木段が無くなって急坂を登ると、NHK東吾妻中継所に出ました。

小ピーク
日付順山行記録

小野子山頂  11:07

 山頂に着くと若い二人の男性は、中ノ岳方向に降りていった。
東方向から老夫婦が登って来た。その後十二ヶ岳から男性がやって来た。
谷川方向は全く見えず、小雪も舞い始め風も出て来た。
早めにパンとコーヒーで昼を食べ下山。

雨乞山  10:51

 岩場の急坂を登ると雨乞山で三角点が有ります。
気温は、8℃なので今の季節では、まあ丁度良い。
朝は天気が良かったが、だんだんと下り坂のようだ。

小野子山 標高 1,208.3m
(単独行)
天気:曇り時々小雪
山頂気温:3.8℃
雨乞山   標高  931.4m
(単独行)
天気:曇り
山頂気温:8.0℃
山歩き行程 (写真を撮りながらなので参考です。)
登山口-58分-
雨乞山-57分-小野子山頂昼食休憩32分-1時間3分-雨乞山-38分-登山口
全工程(休憩含む)   4時間8分

渋川スカイランド

関越高速

小野子山を降る

 見時間があるので景色を眺めながら下山しよう。
天気が悪くなってきたが、富士山は何とか見えている。
都心のビル群やスカイツリーは、見えないのでもう少し近場を見てみよう。

小野子山へ

 見晴らしの良い場所で富士山を眺めていると、十二ヶ岳まで往復する若い2人に追い抜かされてしまいました。
自分は、天気も良く無いので小野子山ピストンにしときましょう。
幾つかアップダウンを繰り返し、小野子山へ向かう。

小野子山より浅間方向
小野子山より北方向
山頂手前
小野子山登山口より雨乞山へ H.23 12月 18日

雨乞山へ

 小ピーク下り鞍部より、西側が開けます。
草津白根から浅間山、榛名山が見渡せる。登山道先には、雨乞山のずっと先に小野子山らしきで、ずっと先に十二ヶ岳が見えました。
 下を見下ろすと左を見るとクレーターのような採石場と斜面の採石場の禿山が見えました。

小野子山と雨乞山

小野子山登山道入口   9:13

 林道峠山線はバリケードが出ていて通行止。
少し道路を進み舗装道路のカーブ右から登山道に入る。
熊注意の看板があります。
天気が良ければ、十二ヶ岳まで往復縦走してみたいがどうだろうか?

偽木階段
NHK中継所

上毛大橋

山行図

 このコースは、標高差700m以上有り、上り下りも多いので一番ハードです。
小野子三山は、十二ヶ岳の見晴らしが良く度々訪れている。
久しぶりに小野子山へ登りました。


 
林道峠山線は、小野子山登山口手前の駐車場まででその先は、バリケードが出ていて通行止めとなっています。
おそらく冬季は、凍結のためなのでしょう。

小野子山の地図
HOME

上越新幹線

北群馬橋

群馬用水

JR吾妻腺

国道17号 吾妻新橋

大正橋

落合橋

JR上越腺

群馬県庁

グリーンドーム前橋

大渡橋

中央大橋

小野子山下山
採石場方向
落葉の坂道

富士山

相馬山

二ッ岳

富士山

水沢山

緩やかな道
雨乞山より小野子山へ

雨乞山を降る

浅間山

クレーターの様な採石場

雨乞山

急斜面の採石場

小野子山登山口駐車場   9:10

 登山口手前には、大きな駐車場と東屋が有ります。
もちろんトイレも有りました。
南の天気は、晴れていて榛名山系がきれいに見えている。

通行止
小野子山登山口

国道353号

HOME
山域別記録
inserted by FC2 system