苗場山歩き 1   H.26 09-15(月)
HOME
山域別記録
日付順山行記録

苗場山 2

苗場山 (まきまきさん同行)
標高 2,145m 
天気:曇り
山頂気温:18.4℃

佐武流山

山歩き行程 (写真を撮りながらなのであくまで参考です)
駐車場-33分-和田小屋-1時間1分-下ノ芝休憩10分-35分-中ノ芝-29分
-小松原分岐-16分-神楽ヶ峰-1時間26分-
苗場山
ベンチ昼食休憩32分-28分-昌次新道下山口-37分-ベンチ-21分-龍ノ峰分岐三叉路-15分-小赤沢下山口
軽食休憩14分-
19分-龍ノ峰分岐三叉路-18分-苗場山頂休憩9分-1時間2分-
神楽ヶ峰山頂-13分-小松原分岐
-13分-中ノ芝-24分-
下ノ芝-37分-和田小屋-14分-駐車場      歩行全工程 10時間20分(休憩1時間5分含む
西方向へ

 さっき歩いた方向は、やっぱり一番綺麗だ。少し明るさが増したので草紅葉は、黄金色に輝いている。
 こちらの木道もだいぶ傷んでいます。
よそ見をしていると転がり落ちます。
右にいろんな石碑がかたまっていた。
天照・猿田彦・大山・他にもいろいらと。
龍ノ峰分岐三叉路  13:34

 左は龍ノ峰を経て赤倉山、右は小赤沢方向。
こんな時間でも天気が良いので戻りません。
今度は、小赤沢方向を偵察します。
山頂下   13:13

 また戻って来ました。
苗場山は、登山道が放射状になり横のつながりが無いのです。
今度は、長野県方向小赤沢コースを覗いて来ましょう。
ええー、まだ山頂に行かないの。
苗場山頂湿原を龍ノ峰分岐へ

山頂方向へ

 横切る道が無いので山頂方向へ戻る。
これが意外と辛いのです。
傷んだ箇所も多く、尾瀬のように木道がきちんと整備されていません。
 小屋前のベンチには、まだ人がいます。
あそこまで戻らねば。
昌次新道下山口  12:46

 昌次新道下山口まで来てしまいました。
この先は、いつか歩きたい赤湯温泉が有ります。
これ以上は、急坂なので戻りましょう。

苗場山頂湿原を南へ
昌次新道方向へ

 苗場山頂湿原を南に昌次新道方向へのんびり下る。
南の方が紅葉と草紅葉の色が濃い。
西方向をを見て、まきまきさんによると穂高・槍が見えると言う。
登った事が有るので確かだそうだ。

槍ヶ岳

前穂

北穂

奥穂

岩菅山

北アルプス

佐武流山

苗場山頂ヒュッテ下ベンチ   11:46

 苗場山頂ヒュッテの下に休憩出来る広場が有る。
山頂が広いため、登山者もばらけたのか人が少ない。
ここでまきまさん手製のおにぎりとカップそばを食べる。


登り上げた

 苗場山はテーブル状なので縁のここら辺が一番見晴らしが良い。
谷川山系から尾瀬の山並み、越後三山までが一望である。
 高原は草紅葉が丁度見頃か。
さあ何処へ行きましょうか。
ヒカリゴケ

 前を行く親子のお母さんがヒカリゴケを発見。
何度も登っているのに今まで気づきませんでした。
このお母さん只者ではない。
お子さんにいろいろ教えていました。

雲尾坂

 急坂を右から廻り込みます。
いつもはガスの中での雲尾坂、今日は良く見えます。
私達はのろのろなのでどんどん追い越されます。


皇海山

一ノ倉岳

茂倉岳

万太郎山

武尊山

笠ヶ岳

至仏山

燧ヶ岳

金城山

八海山

中ノ岳

越後駒ヶ岳

日光白根山

トマノ耳

オキノ耳

仙ノ倉山

雷清水 10:42

 富士見坂で富士は見えず。
雷清水は、チョロチョロで干上がってしまいそう。でも冷たい水です。
前を見上げると登山者も多数います。
ミネザクラ
オオカメノキ
神楽ヶ峰より苗場山へ

神楽ヶ峰  10:20

 登山道の右が神楽ヶ峰三角点です。
カッサダムが見えました。
 今年の田代ロープウェイ(ドラゴンドラ)は、10月11日から11月9日(9:00〜16:00)までの運行です。
←上ノ芝   9:57
→小松原湿原分岐  10:04

 上ノ芝からすぐに小松原湿原分岐です。
小松原湿原分岐の先に草紅葉の草原が見えたので今後の課題が出来ました。

越後駒ヶ岳

中ノ岳

巻機山

燧ヶ岳

朝日岳

谷川岳

万太郎山

三国山

大源太山

仙ノ倉山

中ノ芝   9:35

 昨年の10月6日に紅葉が綺麗だった中ノ芝。
今年の紅葉が早いとはいえ盛りはもっと先のようです。
でも少しだけ赤くなり始めました。
曇っているが、空気が澄んで遠くが見渡せる。
下ノ芝   8:50

 転石の多い道は、物凄く歩き難い。
昨日は平ヶ岳に登ったばかりの私にはとても堪えます。
 下ノ芝でたまらず一休み。
キンコウカの草紅葉が始まったばかり。
追い越した3人組も休憩するようです。

和田小屋登山口  5合目  7:49

 舗装道路を歩き和田小屋登山口へ到着。
 有名な熊さん看板がお出迎え。
空は曇り今日もガスが出て苗場は見えないのかな。

駐車場   7:16

 100名山の苗場山人気有りますね。
駐車場にも入り切れずゲレンデに停めました。
ゲレンデ脇には、終盤のヤナギランが咲いていました。
終点和田小屋は、小屋利用の方しか停められません。

苗場山 2

HOME

苗場山の地図

苗場山登山口より神楽ヶ峰へ H..26  9月15日
 まきまきさんから電話があり、草紅葉目当ての朝日岳に誘われた。
昨日は、平ヶ岳に登ったので少し楽がしたいので、尾瀬のアヤメ平か苗場山ではどう?と誘いをかける
一番楽な小赤沢コースと思ったが、まきまきさんは祓川コースが初めてらしいので、5度目ですがまた来てしまいました。
天気が良くない時ばかりなので、まだ山頂湿原の全体像を見渡す事が出来ていません。 紅葉は早いが、草紅葉は見頃であろう。

国土地理院2万5千分1地図に加筆
 

飯士山

神楽ヶ峰を降る

 神楽ヶ峰から大きく降ってしまいます。
苗場山がドーンと目の前を塞ぐ。
いつも天気が悪い時ばかりなのでこれだけはっきり見えたは初めてです。
もう帰る人も多数います。泊ったのかな?


inserted by FC2 system