稲包山歩き  H22 05-30
道脇のイワナシ
急な岩場を降る

山行図

 稲包山には、色々なコースがある。
三国峠稜線・アキ小屋沢・赤沢スキー場・四万温泉・三国スキー場コースでまだ登っていないのは、四万温泉・三国スキー場コースだ。
四万温泉からは、山ヒルが出るので、三国スキー場跡から登る事にしました。
 朝は、小雨が降っていたので出足が遅くなったが短いコースタイムなので大丈夫であろう。
走り梅雨とかで気温が低く、ガスの心配もあり展望は皆無であろうが、雪が無いようなので軽い気持で出かけました。

ショウジョウバカマ(猩々袴)
ムシカリ 別名オオカメノキ
アズマシャクナゲ(東石楠花)

オオバキスミレ(大葉黄菫)

ムラサキヤシオ(紫八潮)

ミツバオウレン(三つ葉黄蓮)
稲包山で出会った植物  (まちがっていたら教えてください)

三国スキー場跡   16:11

 林道が広くなると三国スキー場跡が近い。
霧の巻いた広場には、私の車だけがただ1台。
山菜採りらしき群馬ナンバーが、やってきたがまだ蕨も出ていない。

 思ったより時間が、掛かってしまい、秋なら薄暗くなった所だ

三国スキー場跡

急坂を下る

 尾根から新潟側に降りて行くと、ガスで煙る森林地帯に進入する。
いかにも熊が出そうで小気味悪い。
物音一つにも、びくっと身をすくめてしまいそう。
こんな日に、わざわざ登るのだから覚悟をしたけど、熊避けの鈴がチリーンと霧の中に響くたび心細くなる。
登山道が、明確なのが唯一の救いで、これが笹薮だったら大変な事だ。

シャクナゲを眺めながら

 帰りも霧に浮かび上がるシャクナゲを眺めながら下山する。
今年のシャクナゲは、花付が良いのだろうか?
株一面に花が咲き、露の溜まって奇麗さが引き立つ。
他にも、ムラサキヤシオやオオカメノキも咲いている。

山頂

三国スキー場跡より三坂峠   H22 5月30日
西稲包山

急坂

 渡渉を過ぎると急坂を三坂峠まで登り上げる事になる。
板で階段があったりロープもあり以前は、多少整備された道だったようだ。
 3分の2程登るとシャクナゲが満開。
ガスっぽく見通しが利かない急坂を登ったのでほっと一息つける。
勾配が緩くなると、奇麗なブナ林が現れムラサキヤシオも咲いていた。
窪んだ沢には、残雪が続き此処を登って行きたくなるが、道は横断している。

ブナ林
丸木橋
小沢を渡る
急な上り

黄蓮沢     10:26

 湿った林道跡らしき道を行くと丸太橋を渡り、黄蓮沢と言う標柱が現れた。
先行者数人の足跡が有り、こんな日に登る人が他にも居るなあ。
依然天気は良くないが、雨が降らないだけマシである。
 カラマツ・ブナ・ダケカンバ等の新芽が出始めた林は、濡れた若葉が美しい。
 湯之谷渓谷沿いを歩いて川音や滝の音が聞こえてくる。でも林に隠れ渓谷は良く見えず。
岩場に、ショウジョウバカマが張り付いていた。

川沿いの岩
黄蓮沢
HOME
山域別記録
日付順山行記録

西稲包山を降る

 西稲包山の東斜面は、短い距離だが急な岩場である。
黒檜の低木の根元にイワナシがびっしり咲いている。
これだけ固まって生えているのを見たのは初めてだ。

西稲包山     12:41

 石楠花の続く稜線を歩いていくと、多少の登りになり西稲包山に着いた。
相変わらずガスで廻りは見えず、以前稲包山からこちらの道を眺めた事があるので、なんとなく雰囲気は掴めている。
この登山道は、歩く人が多いのか三国峠からの稜線沿いの道よりしっかりしている。
気温は、11.6℃でこの時期としては涼しく感じられる。

三坂峠より稲包山

稲包山 標高1,597.7m
(単独行)
天気:曇り
山頂気温:14.0℃

注 四万-法師方面は山ヒルが沢山います! 5月下旬以降登られる方は注意してください。

渡渉点  15:39

 川の水音が大きくなり、渡渉点が近付く。
滑らないように、5つの大きな石を飛び越えて行く。
こんな時に杖が、2本あれば良いのだが・・・。
 無事通過し、抜かるんだ林道跡をぐちゃぐちゃ歩く。

ムラサキヤシオ
オオカメノキ

三坂峠     12:06

 緩やかな道を行くと辺りは開け、国境稜線に出た。
 三坂峠まで下ると人の声が聞こえてきた。
近付くと5人の方が休んでおり、「tomoさんですか?」
と声を掛けられた。
1人は、以前万太郎山で一緒に下山した方で、懐かしく話が弾み、少し立ち止まる。
この先には、きれいなシャクナゲが咲いていますとの事。

シャクナゲ
山歩き行程 (写真を撮りながらなので参考です)
三国スキー場跡-2時間7分-三坂峠休憩8分-1時間-稲包山頂昼食休憩31分-58分-三坂峠-1時間16分-三国スキー場跡
全歩行工程 6時間35分
(休憩50分含む) 
林道
渡渉点

稲包山頂     13:15

 山頂で食事中の4人は、四万温泉方向から登って来たと言う。
今日が山開きで賑やかであったが、みんな既に下山との事。
山頂周辺にもシャクナゲが咲いて華やかだ。
私もコーヒーを温め、パンをかじる。
 4人が去った山頂は、踏み跡だけが残り、ガスに包まれて行く。
静かな静かな山開きを独り楽しむ。
おそらくあとは誰にも会わずに下山となるであろう。

三国峠分岐     13:10

 笹原を登ると三国峠分岐に合流。
此処を右に少し登ると直ぐに稲包山です。
三国峠方向もガスで全く見えません。
稲包山に近付くと人の声がまた聞こえて来た。

小稲包山     13:00

 稜線に残雪が見えた。
三坂峠からだいぶ歩いたようだが、まだ小稲包山なのだ。
山頂に、小さなシャクナゲが咲いている。

分岐
山頂の登山者
小稲包山
稜線の残雪
登山者
ムラサキヤシオ
たっぷりの残雪
三坂峠

稲包山の地図

HOME

稲包山を降る

丸木橋     11:07

 湯ノ沢左岸をずっと歩いていたが、少し下り丸木橋入口と標柱が見えた。
沢に降りると、丸太は対岸に転がっており、飛び石伝いに川を渡る事になる。
昨晩雨だったせいか水量も多く、濡れた石を滑り落ちては、たまったものではないぞ。
ステッキでバランスを取りながら慎重に渡る。

登山口
三国スキー場跡

三国スキー場跡   10:00

 17号浅貝の信号を左折し苗場スキー場から南へ国道353号を車で走る。
細い舗装道路が終わると三国スキー場跡の広場が現れる。
車は、4台程停車、山菜採りか登山者か?
通行止標識の先が登山路となる。


inserted by FC2 system