武尊山歩き 1 H.26 03-16(日) (川場スキー場より)
HOME
山域別記録
日付順山行記録
武尊山 2
武尊山 3
剣ヶ峰山 標高2,020m
(赤城さん同行)
天気:晴れ
山頂気温:2.1℃
武尊山 標高2,158.0m
(赤城さん同行)
天気:晴れ
山頂気温:4.8℃

迦葉山

尼ヶ禿山

吾妻耶山

谷川岳

一ノ倉岳

武能岳

剣ヶ峰山へ

 急坂を登り上げると森林限界を越え雪原となる。
ハイマツや笹は、雪の下で歩き易い。
風紋が出来るような所は、雪も締まって踏み込む事も無い。
先に見える尖った所が、剣ヶ峰山だ。
素晴らしい景色を眺めていると後続者が追いついて来た。

赤城山提供
山歩き行程 (写真を撮りながらで、あくまで参考です)
リフト終点-33分-剣ヶ峰山撮影6分-1時間30分-沖武尊昼食休憩1時間12分-58分-剣ヶ峰山撮影5分-20分-リフト終点
全歩行.工程 4時間48分休息撮影等1時間23分含む)

川場スキー場  H.26 3月16日

 山行図

 「きままな男の山歩き」の赤城さんを誘って冬の武尊山に登る事にした。
 「まきまきさん」のブログを見ると、川場スキー場からリフトに乗ってお手軽に登れるようである。
それでも冬山なので、アイゼン・ピッケル・ワカン・ダブルストックと防寒着、これで用意万全。

 川場スキー場のリフト券売り場で登山届を出し、リフト券4枚を買い登山届提出済書を一緒にもらいます。
登山届には、住所・氏名・行き先・車名・ナンバー・停めた場所・携帯番号・緊急連絡先等を書き込む。
リフトに乗る時は、登山届提出済書も提示します。
めんどくさそうですが、これで安心して登れますし、登山者も邪魔者扱いされず係員の対応も良いです。

リフト運行時間 3月23日までの土日祝日 8:00〜16:15
川場スキー場リフト料金  1回券 400円
二本往復 計4回乗るので 1,600円掛かります。
6回券は、割引で 2,200円

二人の場合 6回券 2,200円+1回券 400円×2枚で 3,000円
一人当たり 1,500円です。
三人の場合 6回券 2,200円×2枚で 4,400円
一人当たり 1,467円です。
屋内駐車場も無料です。

仙ノ倉山

←此処を降るのが怖い

剣ヶ峰山を降る

 剣ヶ峰山から一歩を踏み出し降るのが怖い。
このコース一番の難所だろう。
私は、ビビって逆さ向きにバックで降りました。
景色は良いけれど足場が、安定するまで降らねば写真も撮る事が出来ないのです。
 後続者も恐る恐る降りて来ました。
此処を通過する時は、ピッケルアイゼンが必需品です。

剣ヶ峰山を降る

鹿俣山

玉原湖

平ヶ岳
至仏山
中ノ岳
巻機山

中ノ岳

平ヶ岳

至仏山

巻機山

朝日岳

笠ヶ岳

苗場山

万太郎山

沖武尊山

中ノ岳

家ノ串山

剣ヶ峰

前武尊山

岩山を左に巻く

 稜線から見る谷川岳は、美しい。
正面の岩は、少し左から巻き込むようだ。
サンゴの様な着雪を避けながら急坂をジグザグに登る。
登り上げ振り返ると素晴らしいパノラマが広がっていました。

赤城山

鹿俣山

後ろ方向
西側を振り返る
岩山を左に巻く
ダケカンバと谷川岳
剣ヶ峰山
後続者

剣ヶ峰山  9:05

 剣ヶ峰山は、南北に細長く東西は切り立っている。
パノラマ写真を撮るため体を回す事も気後れしてしまう。
山頂で道を譲るため避けるにしてもビクビクなのだ。
その代わり見晴らしは素晴らしい。
此処から見る谷川岳は、圧巻だ。

前方向

稜線へ

 ゲレンデ端からトレースが沢山あるので迷う事は無い。
此処の標高は、1,860mも有るので剣ヶ峰山まで160m登るだけである。
 稜線へ出るとテントが一張り、沼田の夜景も見られたでしょうね。
そして西峰方向にもトレースが有りました。

川場スキー場より剣ヶ峰山へ

リフト終点  8:26

 リフト終点では、雪のマスコットがお出迎え。
登山者は、一列に並び仕度をしている。
雪質は締まっているようだ。
私達もピッケル・アイゼンで先頭を登り始める。

剣ヶ峰山手前の祠

リフト乗り場1  7:50

 リフト乗り場で左側の「桜川エクスプレス」に並び動き出すのを待つ。
8時過ぎると運行が始まりました。
最初に並んでいるのは、登山者が多いのです。
1,111mのリフトは、速いスピードで進んで行く。

剣ヶ峰山

沖武尊山

リフト券売り場  7:44

 8階建のカワバシティービルは、6階まで駐車場です。
7階のインフォメーションで登山届を出しリフト券を買うと15:30までに下山を要請される。
さあ、外に出るとそのままゲレンデです。

武尊山 3
武尊山 2

武尊山の地図

HOME

尼ヶ禿山

吾妻耶山

鬼岩

西峰

高手山

子持山

玉原湖

谷川岳

仙ノ倉山

リフト乗り場2  8:10

 リフト中継地点に降り、また左側の「クリスタルエクスプレス」のシャッターの前で5分待つと動き始めた。
1,620mのリフトは、アクリルのカバーが掛けられ曇って景色が霞む。

俎ー

inserted by FC2 system